Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
Sponsored links
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
粘土堀り
 前回の、ワークショップのときに、粘土について話をしていたら、
白い粘土が、村から、20分くらいのところで取れるという話が出ました。
早速、掘りに行こうという話しになり、今回のワークショップで掘ってきました。

朝7時に集まり、皆で、バイクを飛ばしていってきました。
2人乗り、3人乗りで、気分は遠足です。

結果は。


右が今まで使っていた白粘土。左が、今回掘ってきた粘土。
グレーでした。少しがっかりです。
でも焼いてみないと解りません。真っ白というわけには行かないと思いますが。
粘性もしっかりあり、作りやすそうな土です。
次回の窯でしっかりテストしたいと思います。
今までの白土は、砂分が多く、色のわりに、焼き上がりは白くなりませんでした。

彼らに、どう思う?と聞いたら、
粘りもしっかりあるし、いいと思う。粘土としても、釉薬としてもテストしたいということでした。

キタムラ
posted by: しん。 | - | 21:56 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 21:56 | - | - | - | - |
興味深いですね。
色は、有機物の可能性もあるので、信楽土のように白く焼ける可能性はありますね。
あとは、耐火度の問題ですか…。テストが待ち遠しいですね!
| しん。 | 2010/09/16 1:08 AM |
今、スイヒしているのですが、結構大きめな珪石の粒が入っています。篩20番で通らない物も。ガイロ目粘土?
珪石が入っていても十分、可塑性がありそうなので、スイヒせずに、乾燥させた物を荒めの篩を通すだけで、使ってもいいと思います。
| キタムラ | 2010/09/16 9:45 PM |









この記事のトラックバックURL
http://yakimonoya.jugem.jp/trackback/166
トラックバック