Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
Sponsored links
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
シェム・リアップ研修(2)
JUGEMテーマ:海外生活
遺跡見学。バイヨン寺院。 

研修2日目は、アンコール・ワット遺跡の見学から始まりました。

始めて訪れる人がほとんどでしたが、
前日のレクチャーで予備知識があったため、
より理解することができました。

ポイント、ポイントを僕のつたない知識で説明しながら、
見て欲しいものを、彼女達が見落とさないよう、
でありながら、押し付けの知識にならぬよう注意しながら、
なるべく生徒達の感じるままに、クメールの血で受け止められるよう、
心を配りながら、見学をしました。

壁画などに、皆の知っている物語などが描かれていると、
足を止めて、

“あれは〇〇物語の何とかだわ!”

などと、口々に言いながら、興味深げに見学をしていました。

あとで聞くと、この遺跡の見学が印象に残ったという生徒が、
一番多いようでした。

シアヌーク博物館。びっしりメモをとってる。ワット・ボー・コレクション見学ここでも熱心な姿。

午後一番には、シアヌーク博物館で、発掘された石彫や
陶器類などの見学をしました。

前回、訪問したときにお世話になった、
ダリットさん(考古学者で博物館勤務の方)に
解説をお願いしました。

前回訪問の際、カンボジア人の生徒達にこそ、
こうした資料を見学して欲しいという希望を伝え、
協力をお願いしたところ、快くというよりも、むしろ積極的に、
協力をしてくださり、解説も懇切丁寧に、
時には反復して質問を繰り返すなど、
生徒達の中に、しっかりと印象づくよう配慮してくださいました。

その後、ワット・ボー寺院の見学にも同行してくださり、
コレクションのクメール陶器について、
さらに解説をしてくださいました。

生徒達も、まじめにノートをとったり、
積極的に質問をしたりして、
とても有意義な時間になったはずです。

ショップ見学。

3日目の午前中は、陶器を中心に、
シェム・リアップのお土産屋さんを見て歩きました。

5軒ほど回ってみたのですが、

“これ、ちょっと重いわ。”

“こんな値段で売れたら、私達の生活も随分楽になるわよ。”

“これだったら、私達にも作れる!”

“ここのお店のものは、上手く作っているわ。”

などなど、色々に感じてくれたようです。

最後に、プロジェクトで作ったものを置く場所を
賃貸ししてくれるという、日本人の開いたお店へ行きました。

お店の方が、クメール語を話せる方だったので、
色々質問をして、情報を得ていたようです。

研修中の3日間、お昼寝も水浴びも無しで、
過密なスケジュールをこなしてきたみんなも、
さすがに疲れてしまったらしく、
お店の前に座り込んでしまいました。

でも、みんな、途中で音をあげてしまうかと思いましたが、
どこへ行っても真剣な表情で、
しっかりと何か身に付けて帰ろうとする姿を見て、
改めて、彼女達の意識の高さに感心するとともに、
単なる旅行にならず、ちゃんと研修になっていると実感しました。

みんな、本当にお疲れ様でした!

これから、時間を掛けて、今回見たこと、感じたことを
自分の中で熟成させて、素晴らしい焼物を作って欲しい…。

がんばれ!みんな!!
posted by: しん。 | 仕事 | 00:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 00:42 | - | - | - | - |









この記事のトラックバックURL
http://yakimonoya.jugem.jp/trackback/162
トラックバック