Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
Sponsored links
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
シェム・リアップ研修
JUGEMテーマ:海外生活
真剣な眼差し。陶器の説明にさらに真剣。

また、しばらく投稿をお休みしてしまいました…。

コンポン・チュナンから、またアクセスできなくなってしまったのと、
僕が、9月1日に帰国したため、その間、間が空いてしまいました。

しばらく、日本から、現地で書き残したことを補足してゆきたいと思います。 

8月28日から30日の日程で、
生徒達を連れて、シェム・リアップ研修に行ってきました。

この研修を組むに当たっては、

“何を見せるのが、彼女達にとって最も有意義な研修になるのか…”

ということを第一に考えて、前回、シェム・リアップを訪れた際に、
色々な人たちからのご理解と助力をいただきながら、
見学ルートを作りました。

そして、見学に必要な正式な許可書をとってもらったり、
宿や交通手段の確保など、また何人もの人たちの協力があって、
やっとこぎつけた研修旅行でした。

農繁期も間近に迫った3日間を無駄に過ごさせるわけにはいかないし、
このプロジェクトを将来担ってゆく彼女達には、
しっかりと見て、感じて欲しいと言う気持ちが、とても強かったので、
引率する僕としても、気合十分で望みました。

初日に訪れた、“バイヨンセンター”では、
遺跡の説明をビデオやカンボジア人スタッフによるお話を交えて、
たっぷりと時間をとってしてもらいました。

みんなの真剣な顔。

ノートに一生懸命メモをとる姿。

もう、それを見ただけで、

“連れてきてよかった…”

と、目頭が熱くなる思いでした。

発掘された焼物の説明に入ると、
一層真剣な面持ちで、質問も頻繁にしていましたし、
やはり、作り手なのだな…ということを
改めて思いました。

見学させてもらった発掘品陶片も。

この日は、かねてからお願いをしていた、
資料室にある発掘品も、特別に見せてもらいました。

“700〜800年も昔の、カンボジアの陶器なんだよ。”

持ったり、触れたりすることも許可をいただいていたので、
彼女達も恐る恐る触ってみたりしている…。

“これってさ、底の部分を後から付けた様に思うんだけどどう思う?”

“違うわよ、先生!筒状に作っておいて、外側から絞り込んだから
 こんな形になってるのよ。私も同じ作り方だから、わかるわ!”

と、ナラー。なるほど、そう言われてみれば、内側の絞り込んだような痕は、
内側から土を触っていないことを示している…。

やはり、作り手としての目線で、しっかり物を見ている。

“何でこんなに重たく作ったのかしら…”

素朴な疑問だが、僕らが持ったのと同じような疑問をぶつけてくる。

“でも、この口の部分は、とても上手く作ってるよね。”

“ほんと。こんなつくりをしたら、おっこってきちゃって私達には作れないわ。”

“でも、この釉薬は私達のととてもよく似てる。同じようなものを作れるわ。”

“帰ったら、これと同じものを作ってみる!”

古陶から情報を得て、分析をして、推測をして、作ってみる…。

この姿勢は、既に立派なやきもの屋としての姿勢。

彼女達が、ここから何を学んで、何を感じて、そして何を作るのかは、
全て、彼女達に委ねている。

でも、彼女達は、こちら側の意図を、しっかりと理解して、
自分のすべきことを心得ている。

1日目の研修は、見事に終えることが出来ました。

夕食は露店で。

“夕ご飯は、何を食べようか?”

“安くて、たくさ〜ん食べられるところを知ってるから、そこいこ!”

シェム・リアップで、2年ほど働いていたことのあるナラーが案内を始める。

着いてみると、そこには、沢山の屋台や露天商が
川を挟んだ二本の道の両側に、延々と並んでいる。

早速、ござを借りてあちこちの屋台から、色々な料理を買い込んできて、
みんなで食べ始めました。

しばらくすると、雨!
みんな慌てて、お皿や料理を持って、
シートで作った簡易屋根のある店へ駆け込む!

瞬く間に土砂降りとなって、みんなキャーキャー言いながらも、

“サバーイ、サバーイ!(楽しー!!)”

と、満面の笑みを浮かべていました。

ちょっとした旅行や、外での食事でも、
彼女達にとっては、非日常。

食事のあと、

“先生、ラッキーモールに、アイスクリーム食べに行きたいんだけど、
 いいですかぁ…?”

“楽しむときは、とことん楽しもう!!行こう!”

初日はこんな感じ。

ホントに充実した一日でした。
posted by: しん。 | 仕事 | 22:08 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 22:08 | - | - | - | - |
帰国していたんだね。お疲れさまでした。
感動が伝わってくる記事ばかりでした。
| minoru | 2010/09/04 2:23 AM |
お帰りなさい。長期間お疲れ様でした。
現地のみやげ話楽しみにしていますね。
まずは、カンボジアに負けないほど暑い益子で
休んでください。
| coebi | 2010/09/04 8:14 PM |
minoruさん、
1日に、そっと帰国しました。
ずっと読んでくださっていたんですね。ありがとうございます。
落ち着いたら、お会いしましょう!

coebiさん、
しばらくリハビリします。
元気が出たら動き出しますので、少々お待ちを!
| しん。 | 2010/09/04 11:58 PM |









この記事のトラックバックURL
http://yakimonoya.jugem.jp/trackback/161
トラックバック