Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
Sponsored links
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
生徒たちの窯焚き
JUGEMテーマ:海外生活

グラフをつけるマッカウ。空にはこんな月の輪が。いつ止めよう…。 

昨日の朝から、いよいよ生徒たちによる窯焚きが始まりました。

最初から、

“僕は今回は手を貸さないから、自分たちで考えて焚いてね。
 うまく焼くことが目的ではなくて、自分たちで考えて焼くことが目的だからね。”

と、念を押してあったので、
みんなで集まっては、あーでもない、こーでもないと、
喧々諤々、話し合いながら焼いていました。

途中、やらなければいけないことの、全く正反対のことをしてしまい、
温度が思うように上がらなくなる場面もありましたが、
自分たちの考えた方法で、見事に切り抜けました。

当初、まず失敗するだろう…と、高をくくっていたのですが、
昇温に関しては、予想に反し、合格ラインを超えました。

窯の“引き”がよく、大量の薪を投入しても、
温度が下がることなく、温度を上げ続けられるという、
窯の構造に助けられた部分が大きいのですが、
それでも、自分たちの目指す温度まで、
目標時間内に上げられた事は、
とても大きな自信になったはずです。

また、みんなが自分の考えを言い合い、
みんなで結論を出して、
他人の力を借りずに行った今回の焼成は、
本当に有意義な窯でした。

今回の窯の指揮をとっていたのは、
チェンダーの夫、ムッカウ君でした。

彼は、前回の窯焚きの時に、

“次回は自分たちで焚いてもらうよ!”

といった僕の言葉にすばやく反応して、
僕たちの焼き方を見て、
グラフをつけたり、メモを取ったりしていて、
それが、今回の窯焚きの大きな支えとなりました。

問題点は確かにまだまだあります。

今回は、焼きすぎてしまっていて、
恐らく、多くの作品の釉薬が高台下まで流れてしまっていると思われます。

また、薪の消費量が非常に多く、燃費的には非常に悪い窯になってしまいました。

窯詰めの問題で、降り物がくっついてしまうものも、
出てしまいそうです。

それでも、そんなマイナス要因が全て吹っ飛んでしまうくらい、
彼らにプラスに作用したことの方が大きいと思います。

僕たちの意思をしっかり理解して、
夢中で喰らいついてくる姿は、感動的でさえありました。

今後は、今回明らかになった問題点を
しっかりと修正した窯焚きを経験させて、
その後、自分たちで焼く窯焚きをさせて、
身につけてもらう…。

と、言った具合に自分たちで焼く窯と、
指導メンバーが焚く窯を、交互に行って行きたいと思います。

また、それができる生徒たちであることを
確認できたのも、今回の窯の大きな収穫でした。

明々後日から、シェム・リアップでの研修が始まります。
クメール陶器の発掘品などを
特別に見せてもらえることになっています。

彼らなら、きっと、このチャンスを
大きな収穫としてくれるものと、信じています。


昨夜、窯焚きを見守る空に、
月を囲むように光の輪ができていました。

滞在中に、太陽の輪と、月の輪、両方を見ることができたのも、
ここに集まる人達の、固い絆を暗示しているのかもしれません…。

posted by: しん。 | 仕事 | 11:50 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 11:50 | - | - | - | - |
しっかりと役目を果たせたみたいだね。
お疲れ様。というにはちょっと早いかな?(笑)。
でも、これが産業にまで成長していくには、
まだまだやることがたくさんあるんだね。
| ito e | 2010/08/27 4:35 AM |
この間コメントしたところまで
さかのぼるようにして読んできました。。。

現地の方々との触れ合いの様子
読んでいると胸が熱くなってきてしまします

一生懸命の姿に心 打たれ
私もまだまだがんばらなくっちゃ!ってね〜

来月は 栗谷氏の個展があります。

今年は日本、夏はまだまだ続くようです…


なにかを育てていくって
大変だけどその分喜びもあり
病みつきになっちゃう〜♪

ですね!
風景の素晴らしさにも感謝。。。
| ねこっち | 2010/08/27 2:52 PM |
eくん、
そうだね。まだまだ先は長いね。
でも、ダラダラやってもしょうがないから、
どこかで区切りをつけるときはやってくると思うけど…。

ねこっちさん、
ありがとうございます。
手応えを感じたり、自信をなくしたり、
その繰り返しです。
ただ、生徒たちが僕の方をしっかりと向いていてくれることに、
本当に救われています。
明日から研修旅行、そして、31日には窯出し。
最後まで、伝えられるだけ伝えて帰りたいと思います。
| しん。 | 2010/08/28 2:54 AM |









この記事のトラックバックURL
http://yakimonoya.jugem.jp/trackback/159
トラックバック