Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
Sponsored links
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
早速村を探索!
JUGEMテーマ:海外生活

苗床。芽を出した苗。まだ田んぼはこんな感じ。 

やっぱり、村を歩かなきゃいかん!と思い直し、
早速、昨日、お客さんを案内しながら、
ちょっと気にはなったんだけどスルーした場所を
何箇所か見に行ってみました。

その一つがここ。

学校の裏手にある田んぼですが、
一区画、仕切られている場所がありました。

近寄ってみると、やはり!
“苗床”をつくっていました!

いよいよ、田植えの準備が始まったということですね。

とはいえ、ご覧の通り、まだ、田起こしされている場所はまばら。

もう一雨、欲しいところです。


次はこちら、
村にできた新しい窯。

2ヶ月ほど前、日干し煉瓦を沢山作っていた場所に、
立派な窯ができていました。

作っていたのは、トゥーンという男性。
以前訪れたときに、アメリカ人に頼まれて作ったと言っていました。

煉瓦は国内の土を使っているとのこと。
ちょうど、今日が初窯の火入れだったようです。

3ヶ月かけて作ったそうで、

“太ってお腹が出ていたのが、こんなに痩せちゃったよ!”

と言いながら、窯のことをあれこれ説明してくれました。

“煉瓦は全く問題ないよ。カンボジアにも煉瓦用の良い土があるんだ!
 今回は、3日かけてゆっくり焼くよ。初窯だからね。”

使った煉瓦は3000丁だとか。
市販の耐火煉瓦の3倍くらいの大きさがあるので、

“普通の煉瓦で作ったら5000丁以上使うんじゃない?”

と、彼も言っていました。
恐らく、もっと使うと思われます。

勾配はかなり緩やかで、その分、断面積の大きな煙突が、
高めにつけてありました。
ダンパーも付いていました。

棚板なんかはどうしているのか聞いてみると、
サヤのようなものを作って、穴を開けて火の通りを良くして、
それを積み上げて窯詰めするのだと…。

“棚板のほうが、沢山品物を入れられるでしょ?”

と尋ねると、

“棚板はとても高価で買えないよ。数を沢山焼くためにこんな多きな窯にしたんだ。
 窯が大きければ、サヤを使っても、沢山のものを焼けるからね…”

と。そうだよね。物が無くても、工夫次第で解決できることは、
きっと沢山あるね。日本の昔の窯でも、こんなして、あんなして…
みたいな話をして盛り上がって、また色々考える材料をもらいました。

“今度、皿とかコップの作り方教えてよ!”

と、彼。冗談かと思って、

“ホントにぃ〜”

と聞き返すと、まんざらいい加減な感じでもないので、
日曜以外は仕事場にいるから…と言って、帰ってきました。

んー。3日後にまた見に行ってみよう…。


お次はこの方。

バッテリー充電業
発電機

学校を覗いていたら、声をかけてきた。

ああ、一度ピアン(コンクリート製の大甕)を買った時に、
運んできてくれたお兄ちゃん。

道ですれ違うたびに、挨拶を交わしていたので、顔見知り。

これ、バッテリー充電業。

村には電気が来ていないので、みんな、このバッテリーを使って、
夜の明かりやテレビの電源にしている。

お兄ちゃんが言うには、

“電線が来ても、電気代が高くて、村では誰も使えないよ。”

なるほど。

“1日いくつくらい充電するの?”

“50とか60とか。でも、日によって違うから30とかの日もあるし…
 一つの家で、一回充電すると、5日くらい使えるんだ。”

そう言って、バッテリーのマウント部分を、綺麗に磨いていました。
一番下は発電機ね。


と、まぁ、午前中、1時間ほどフラフラしただけで、
こんなに沢山の情報が集まりました。

やはり、たまには歩いてみるもんです。
毎日…というわけには行かないけど…。

ちなみに、今日の情報収集は全てクメール語!!

あきらめずに聞き取れるまで頑張って話をすると、
相手も、何とか伝えようと、一生懸命に話してくれるんです。

言葉の方も、ちょっと自信が付きました!!
学習意欲、復活〜!!

もうちょっと、話せるようになりたい!
あとひと月半、頑張る!

posted by: しん。 | 村の生活 | 20:30 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 20:30 | - | - | - | - |
お久しぶりです。
アフリカでは、小型ソ−ラ−パネル+バッテリ−1個で家一軒分をまかなってました?。
景徳鎮のキャロラインから、お誘いがありました。後日メ−ルします。
| ebikocycle | 2010/07/15 11:20 PM |
なるほど。こっちも乾季はソーラーパネルだよね…と、良く話すのですが、
どこかに、そんな支援をしているグループがいるかも知れませんね。
| しん。 | 2010/07/16 12:58 AM |
砂漠を行く駱駝の背中に冷蔵庫、中身医薬品
電源はキョウセラのソ−ラ−パネル。TVのコマ−シャルでした。
| ebikocycle | 2010/07/16 11:06 AM |
そんなコマーシャルをやっているのですね。
最近、途上国に富山の置き薬方式で、医薬品の普及をしているという人に会いました。
日本の文化、色々と役に立っているようです。
| しん。 | 2010/07/16 9:33 PM |









この記事のトラックバックURL
http://yakimonoya.jugem.jp/trackback/142
トラックバック