Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
Sponsored links
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
石つぶしとダンス

 陶器の、釉薬材料に使うラテライト(鉄)を
最近購入した、石臼で潰していると、
隣の家のター君が、手伝いにやっていました。
彼は、時々手伝ってくれます。自分勝手な手伝いですが、、、。
特に、石を、細かく砕く作業が好きみたいです。

いつものように、手伝っていたかと思うと、フッといなくなってしまいました。

今度は、サール君が、乗りのいい音楽をかけ始めると。
子供たちが皆、キャッキャッと踊り始めました。

カンボジアで見た初めてのダンスバトルでした。

キタムラ

posted by: しん。 | こどもたち | 21:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ワークショップ?
JUGEMテーマ:海外生活
小さな生徒たち!楽しそう!サンも挑戦! 

今日はワークショップの日…?では無いのですが…。

今日は、月曜に備えて午後、仕事場を掃除しました。

最近、仕事場を汚くしていたので、
生徒たちもいい加減にしか掃除をしなくなっています。
僕がちゃんと掃除しておけば、生徒たちも綺麗にするだろうと思い、
隅々まで、キチンと掃除をしました。

夕方、綺麗になった仕事場に、子供たちが遊びに来ました。

最初は、ラジオの音楽に合わせて踊ったりしていたので、
僕も一緒になって、踊って見せたりしていたのですが、
気が付くと、一人が粘土をロクロにのせて、遊びはじめていました!

“あー、せっかく掃除したのに!!”

と、思ったのですが、この村の未来を担う子供たちなのだ…
と思い直し、遊ばせることにしました。

みんな、親が土鍋を作っていたり、素焼の品物を作っている家の子なのですが、
ロクロを持っていなかったり、あっても、なかなか触らせてもらえないため、
夢中になってロクロを回していました!

真剣に、そして、本当に楽しそうにしている彼らを見ていると、

“こうやって遊んだことが、未来につながるかもしれない…”

などと、勝手に思いながら、ニコニコ見ていました。

結構長い時間、飽きずに続けてましたよ!

どうだったかな?みんな。

ありがとね!ちゃんと後片付け!

4時半頃になり、母親が一人の子を呼ぶ声が聞こえてきました。

“はい、じゃあ終わりにして!あと、掃除をしていってね!”

というと、お姉ちゃん2人が、ちゃんと掃除をしていってくれました。

さすが!!

この子達のうち、何人が、僕たちの伝えていくこの焼き物を
続けて行ってくれるのでしょうか。

10年くらい後に、見に来たいです。


posted by: しん。 | こどもたち | 00:54 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
大興奮!どしゃ降りん中!!!
JUGEMテーマ:海外生活

豪雨でおおはしゃぎ!水溜り浴?どしゃ降りサッカー! 

見てください!!

昨日、午後の仕事をしに村へ向かっていたら、
なんだか先の方が白く煙っていて、

“もしや…”

と思うと、集中豪雨の中に突入!!

入ってしまったものは仕方がないと、ずぶぬれで村へ行き、
パンツ一丁になって、着ていたものを絞っていたら、
向かいの家の庭から、子供たちの歓声が…。

見てみると、このどしゃ降りの中、
しぶきを上げて駆け回ったり、
水溜りに、スライディングしたりして、
メチャクチャ、ハイテンションで遊んでいるではありませんか!

急いで短パンだけはいて、カメラを持って出たのですが、
こちらの屋根の下からでは、遠くて撮れない!!

“どうせ濡れたんだから、もういいや!!”

と、カメラをタオルでくるんで、向かいの家の床下に、
飛び込みました!!

いや、すごいすごい!!

元気なんてもんじゃありません!!

男の子も女の子も、ずぶ濡れになって、
大きな水溜りの中を転げまわって遊んでいます!!

みんな、濡れてズボンが重くなっちゃって、
お尻が半分出ちゃってる!

それでもかまわずはしゃぎまくる、まくる!!

って言うか、真っ裸の子もいるじゃない!!

そのうち誰かがサッカーボールを持ってきて、
最後は水中サッカーみたいな状況に!!

入って行って、いっしょに遊びたいけど、
写真も撮りたい!!

いやー、子供のエネルギー、大爆発でした!!

雨上がりの道で。泥遊びね!

少しして、雨がやんだら、様子が一変して、
今度は、道にみんなで列を作るようにしゃがみこんで、
なにやら、静かにごちょごちょ始まりました…。

何か生き物でも取ってるのかな?

と、近づいて見ると、
いえいえ、川のように道を流れていた水を
泥でせき止めたり、葉っぱを丸めて、水の通り道を作ったりして、
思い思いの潅漑事業が始まっていました!!

みんな夢中になって作ってる!

と、年長の子が小さな子の作っていたダムを壊しました。

大声で泣き出すチビすけ。
文字通り地団駄踏んで。

近くにいた、大きいお姉ちゃんが、

“あいつのもやっちゃいな!!”

と、壊した悪にいちゃんの作ったところを指差す!

もう、渾身の力を込めて、ジャンプして踏み潰すチビすけ!!

いや、子供たち、最高!!

で、実は僕も、カメラを持って向かいの家に駆け込むときに、
泥で滑って転倒!!

泥だらけになってしまったので、
小雨になってから、彼らといっしょに井戸端で行水!!

服を着たまま洗う、カンボジア式で汚れを落とし、
子供たちと頭から水を掛け合って、
あー、楽しかったよー!!

近所の大人たちには、あきれて笑われてしまいました…。

子供は遊びの天才。

誰が言ったんでしょうね。
色々教わって帰らなきゃ!

posted by: しん。 | こどもたち | 21:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
寝ちゃった…。
JUGEMテーマ:海外生活
寝ちゃった…。 

この子、割とよく遊びに来る子なんだけど、
今日はいつもより、ちょっと元気が無かったんです。

新しく人が増えたので、少し緊張してるのかな…?

なんて、思ってたんですが、自分でここに椅子を持ってきて、
座って1分も経たないうちに、うとうと…。

こっくり、こっくり、船こいでたかと思ったら、
熟睡…。

疲れてたのね。

早速、カメラでパチリ!

バッグにカメラをしまったら、
急に起きて、何も言わずに、とことこ出て行っちゃいました!

何しに来たんだろう…。

子供って、可笑しいですね。
posted by: しん。 | こどもたち | 01:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
子供たちの水汲み。
JUGEMテーマ:海外生活
落とさない?がんばれ、がんばれ!さすが兄ちゃん!! 

今日は、子供たちの水汲みの話。

子供たちのお手伝いは、色々ありますが、
その代表格がこの“水汲み”!

まずは、お向かいの子が自転車で…。
でも、大丈夫?そんな運び方で…。

案の定、途中で落としてしまいました!

でも、ケラケラ笑いながら、

“もったいなーい!”

と叫んで、汲みなおすことも無く、帰ってしまいました!

それでお手伝いになってるの???

次なるは、お向かいの隣の女の子。
歩いて運ぶ。賢明ですな。

でも、2回ほど運んでおしまい…。
疲れるもんね!

次なるは、お向かいのお兄ちゃん!!

さすがはおにいちゃん。
自転車に棒を二本さして、左右に2つずつ、
お水を下げて、すーいすい!!
これは、一番能率がいいね。

でも、自分の家じゃなくて、お隣に運んでるよ…。
人の家の仕事も手伝うんだな。

ま、親戚だったりするんだろうけど…。

子供たち、日々、仕事も遊びも、頑張ってます!!
posted by: しん。 | こどもたち | 22:26 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
えっ、何食べてんの?
JUGEMテーマ:海外生活
トゥンが採る。タマリンドの花 

今日は、あまりに暑くて、4時頃にへたばって、
子供らのいるところへ行って、ひととき一緒に遊びました。

しばらくすると、少年が木に登って何かむしゃむしゃ。

小さなトゥンも、届くところのものを採ってむしゃむしゃ。

この木、英語では“タマリンド”といい、
甘酸っぱい、美味しい実がなる木なのですが、
今はまだ、実がなる季節ではありません。

近くへ行ってみると、どうも、花を採って食べてるみたい。

“これ食べてるの?”

“うん!”

“美味しいの?”

“すっぱくて美味しいよ!”

どれどれ…と、僕も一つ口に。

“うぇっ、渋っ!”

またもや渋い系!
確かにすっぱくて、何か深い味わいがあるのだけど、渋い!

何で、この国の人たちはこの渋いのを食べられるんだろう…。
小さな子供も、美味しいといって食べてるし…。

あまりなじみの無い木の実をよくもらうのだけど、
ほとんど渋いんです!

まぁ、いいんだけど、あんまり花採って食べちゃうと、
実がならなくなっちゃうよ!!
posted by: しん。 | こどもたち | 23:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
火遊び(2)
JUGEMテーマ:海外生活
また火遊び!蝋を溶かして…水をかけると! 

また奴らがやってました!!

昨日から、なんだか木の根元に集まって、

“ジュワッ、ジュワッ”

と変な音をさせて、どうやら火遊びをしていたのですが、
昨日はロクロに張り付いていたため、
現場を抑えることが出来ませんでした。

で、今日…。

またもや、大きな木の根元に集まって、

“ジュワッ、ジュワッ”

今日こそは!と、カメラを持ってダッシュ!!

すると、こんな遊びでした。

どうも、種火に何か火薬のようなものを投げつけて、
炎を上がらせているように見えたのですが、
そうではありませんでした。

真ん中の写真。
火であぶっている液体は、蝋です。
ろうそくのカスを集めてきては、
火であぶって、沸騰するくらい熱くなったところで、
上から水をかけると、

“ジュワッ”

と音をたてて、大きな火が上がるわけです。

う〜。本格的火遊び…。

親たちは、例によって沈黙…。

化学の実験といえば、実験…。

でも、2歳くらいの幼い子まで混じって…。

くれぐれも、やけどはしないで欲しいです…。

でも、大方裸で遊んでいるので、
あまりひどいことにはならないかも…。

いいのか!こんな納得の仕方で!!

あー、やっぱり心配だ…。

posted by: しん。 | こどもたち | 22:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
あじゃぽん!
JUGEMテーマ:海外生活
トゥンちゃん 

この、一番左端の子、“トゥン”ちゃんといいます。

隣のティー君の娘です。

2〜3ヶ月くらい前からなんですが、
僕のことを見ると、

“あじゃぽん!!”

といいます。

遠くの方から、

“あじゃぽん!!”

気がつかないでいると、2、3歩前に出てきて、もう一度大きな声で、

“あじゃぽん!!”

最初はなんだか、“アジャパー!”見たいで、

“なんだそれ?!アジャパー知ってんの?”

とか、日本語で返していたのですが、
よくよく聞いてみると、

“アー・ジャポン!”

なるほど!!先日、やっと気がついたんです!!

“アー”というのは、親が子供を呼ぶときや、
子供同士で呼び合うときに、名前の前に付ける言葉。

日本語で言うと、“〜ちゃん”とか、そんな感じに使う言葉なんです。

で、“ジャポン”とは、日本人のこと…つまり、

“日本人ちゃん!!”

と、彼女は呼んでいたのです。

笑っちゃいますよね。

そしたら、先日、違う子が、やっぱり僕に向かって

“あじゃぽん!”連発!!

子供の可愛さには、お手上げです!!

さ、明日も“あじゃぽん”がんばるぞ!
posted by: しん。 | こどもたち | 22:28 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
火遊び!
JUGEMテーマ:海外生活
みんなで火遊び。こんなに小さくても。

火遊びって見て、僕の火遊びだと思って期待した人、
いるでしょ〜?!

残念ながら(?)、子供たちの話。

日本の親からしたら、
とんでもない光景ですよね。

僕も見ていてハラハラ…。
大丈夫かな…。

日本の子供たちと比べて、
火の怖さをちゃんと知っている…
というわけでは無いと思います。

子供たちが違うのではなく、
これは、親の観念の問題だと思うのです。


こちらの子供たちは、火遊びに関わらず、
本当に怖い遊びをします。

2歳くらいの女の子が
大きな出刃包丁を振り回しながら走っていたり、
窯を焚いているすぐ横で、
1歳前後の子供が、一人で、しかも裸で
よろよろ走り回っていたり。
見ていて、本当に怖いです。

でも、周りにいる大人や、親は、
特に何も言いません。

イタズラに対してもとても寛容です。

5歳か6歳くらいまでの子供は、
ほとんど何をしても叱られません。

子供というのはそういうものだから…。

と、それが当たり前だというような態度に見えます。

それが、たとえ危険な遊びでも…。

なぜでしょう…。

ここから先は、はなはだ僕の私見であります。
(念のため。)

ここカンボジアでは、子供がよく死にます。

そのせいで、平均寿命は50代と、極端に低いのです。

だから、子供が少ないと、

“死んだらどうするの!もっとたくさん作りなさい!!”

と、言われたりします。要するに、

“自分の子供が死ぬ…ということは、大いにあり得る。”
 というのが、こちらの親には観念として存在しているのです。

もちろんそんなことは起こってほしくない。
それはどこの国のどんな親でもそうでしょう。
しかし、周りに現実として頻繁に起こる出来事に対して、
自分には絶対当てはまらない…とは、思えないのではないでしょうか。

対して日本の親は(僕自身もそうですが)、
頭では、確率としてありうると思っていても、

“まさか自分の子に限ってそんなことはないだろう…”

という観念を大多数の親が持っている。

そこに、決定的な違いがあると思うのです。

これは、医療の行き届いた国と、そうでない国との差…
だともいえるかも知れません。

どちらがどう…ということではなく、
そうした親と子を取り巻く環境の差が、
実際にある、ということです。

それが、どう、子供の育て方に影響してゆくのか…。
それは皆さんの思考にお任せしたいと思います。

生きてきた環境、今の状況、人それぞれ千差万別。
考え方も自ずと違ってくると思いますので…。
posted by: しん。 | こどもたち | 21:53 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
子守なのか、遊びなのか…
JUGEMテーマ:海外生活
何やってんだ?お兄ちゃんも楽しい!大丈夫かぁ? 

久々に子供たちの話題。

今日は朝から、硬くなってしまった土がこれ以上固まって
使えなくなってしまう前に、やわらかく練り直そうと、
一日土踏みしてました。

すると、なんだか“ガラガラ、ガラガラ”と、威勢のいい音。

何だ?と、窓からのぞいてみると、
お兄ちゃんが、弟をなにやら車のついたものに乗せて、
自転車で引っ張ってる!

運良く(?)途中で止まって、紐を結び直していたので、
それ行け!と、撮って来たのがこの写真!!

見てると、後ろの赤ちゃんは頭を前へ、後ろへつんのめったり、のけぞったり。

大丈夫なのか?

はじめは、お兄ちゃん、ちゃんと子守して偉いな…。

と思っていたのですが、

どうやら、自分が楽しんでるな?

まあ、それでもいいか。
ただの子守じゃつまんないもんね。
弟はめちゃくちゃ喜んでたし!!

でも、近くで見ていた近所のおばちゃん、

“あぶない、あぶない!”

いくら子供たち野放しのカンボジアでも、
やっぱ、これは危ないのか…。

赤ちゃんだもんねぇ…。
posted by: しん。 | こどもたち | 21:36 | comments(5) | trackbacks(0) | - | - |